手軽に水素と酵素を補給!生サプリメント【酵水素328選】

生サプリメント【酵水素328選】という商品をご存知でしょうか。これは「栄養機能食品」というサプリメントなのですが、「これを食べれば、辛い食事制限や運動をしなくても痩せることができる!」というものではありません。ダイエットは一般的に食事制限をしますが、それだと必要な栄養分まで摂れなくなるケースもありますよね。この生サプリメント【酵水素328選】は、その足りなくなりがちダイエット中の栄養を補助してくれる栄養機能食品です。それでは詳しく説明していきます。

生サプリメント【酵水素328選】は酵素と水素を補えるサプリ

生サプリメント【酵水素328選】には美容と健康のために不可欠なビタミン、植物発酵エキス、水素パウダーなどが含まれています。ちなみに生サプリメント【酵水素328選】の名前にもある「328」という数字は、「328種の植物発酵エキス」が含まれているということから、30代を境に不足する植物発酵エキスを、りんごやほうれん草、とうもろこし、トマト、キノコ類、海藻、野草等から採取して、サプリメントに凝縮しています。そして、水素パウダーとは、クエン酸カリウム、炭酸カリウム、二酸化ケイ素、硫酸マグネシウムに水素を加えた食物素材で、体に良いとされている水素を吸収することができます。生サプリメント【酵水素328選】は、酵素も水素も摂り入れられるんですね。

減量には重要なビタミン類も豊富

生サプリメント【酵水素328選】には、ダイエットには肝心なビタミン類も豊富に配合されています。減量とビタミンの関わりを解説しておくと、「ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12」などの「ビタミンB群」がダイエットには必要不可欠です。ビタミンB群は糖質や脂質の分解、代謝をサポートするほか、新陳代謝を促してくれます。減量だけでなく、ニキビ等の肌荒れにも作用があるのです。たとえばビタミンB1は豆類や豚肉などに含まれ、糖質の代謝をサポートしてくれます。ビタミンB2は卵やチーズ、牛乳などに含まれ、脂肪の代謝を促してくれます。魚や落花生などに含まれるビタミンB6はタンパク質の代謝をサポートする神経伝達物質の合成に重宝します。ビタミンB12はレバーや貝類に含まれ、末梢神経の傷を修復してくれます。減量をして食事制限をすると、こうしたビタミンが不足しやすくなります。これらが足りなくなると、貧血やめまい、神経障害、吐き気等の症状が出ることもあり、健康に害が出てしまいます。生サプリメント【酵水素328選】はビタミンをたくさん含むので、健常に減量するためには非常に役に立ちます。どれほど含んでいるかというと、1袋90錠あたりで、ビタミンB1が豚モモ肉約287枚分、ビタミンB2が鶏レバー約128枚分、ビタミンB6がアボカド約140個分、ビタミンB12はしじみ約244個分です。自分で料理をしてこれだけ摂取しようと思えばとっても大変ですし、何よりもダイエットになりませんよね。元気にダイエットしたい人には生サプリメント【酵水素328選】が非常に実用的です。

成果を求める減量に!効能を高める摂取方法は?

生サプリメント【酵水素328選】の公式ホームページを見ると、「1日3から6粒を目安に、水かぬるま湯と一緒にお召し上がりください」とあるので、「いつ飲みましょう」というタイミングのルールはなさそうです。しかしながら、サプリはやはり「いつ」摂るか、というタイミングで結果が変わってきたりしますし、そもそもタイミングを決めてもらっていなければ、「いつ飲んだら良いのだろう」と悩んでしまいますよね。そこで、成果を出すための効果を高める飲み方があるのかどうかご紹介します。生サプリメント【酵水素328選】の電話サポートセンターに「いつ摂ればいいのか」と尋ねた人がいるようで、その方の情報によれば「生サプリメントはいつ摂取してもいい。肝心なのは、摂るタイミングよりも続けること。ただ、多くの人食事の前に飲んでいる」という回答が返ってきたそうです。生サプリメント【酵水素328選】には食べ物を分解し、吸収する作用もあるので、食事の前に飲んでおくとその栄養分の吸収作用が上昇するのではないか、と思い食前に摂取する方がたくさんいるようです。つまりは、「いつ摂るか」より「飲み続けること」。「いつ摂取するのか」を決めて毎日同じ時間に摂る癖をつけるのが一番効果的なようです。

酵素に運動もプラス!もっと燃焼系ボディに

ダイエットと相性が良いと言える生サプリメント【酵水素328選】ですが、そもそも「運動」と「食事制限」をなしでは効率的に痩せることはできません。運動をして筋肉をつければ基礎代謝が高くなるので、脂肪を燃焼しやすい体になれます。そこでサプリの摂取と並行して行いたい運動をご紹介します。とは言っても、「運動」と言うととキツイ筋トレや息が切れるようなランニングをイメージしてしまってやる気がなくなってしまいませんか?今回はそうした激しいトレーニングではなく空き時間で気楽にできるシェイプアップの紹介です。まず、肩幅よりもやや広く足を広げ、次に背筋を伸ばしたまま両手をおろします。そしてその時に肩甲骨がしっかりと上下するように動かすことに意識してください。そしてまた腕を最初の位置まで戻します。この両手の上げ下げの動作を繰り返すだけでもシェイプアップ可能ですよ。短時間であっても繰り返すことが大切です。酵素を摂り入れながら燃焼系ボディを目指しましょう!