酵素ダイエットをするなら断食がイチオシ

酵素減量は、体重を直に落とすというよりも、太りにくい体質になることで体重が減りやすくなるというダイエット手法です。酵素を摂取する手段としては酵素ドリンクや酵素サプリメント等がありますが、それを摂るだけではダイエット成果が発揮されるわけではありません。ここでは、正しい酵素ダイエットの手法や減量後の補食などをご紹介していきます。酵素ダイエットを実施する上での留意点にも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。



酵素だけでは減量できない?酵素減量の落とし穴とは?

酵素ダイエットが女子をメインに注目を集めていますが、酵素を摂取するだけでは体重を落とすことは不可能です。たとえば、酵素を摂取しながら高カロリーの料理を頻繁に食べていたり、寝る時間が短かったり、就寝前に食事をしているなどの暮らしをしていると、せっかく酵素を摂取しても効果が少ないです。それらはカラダの中に存在している酵素を消費する行為だからです。カロリーの高い食事を摂ると消化するのに時間と酵素がたくさん必要になり、消化酵素がたくさん消費されてしまいます。もちろん、低カロリーの食事でもしっかり咀嚼しない際には、同様に消化させるのに酵素がたくさん消費されます。さらに、午後6時に食事をするのと夜中の1時に食べるのとでは脂肪が蓄積する量が異なります。食事の時間帯が遅くなればなるほど身体に身につく脂肪量が増加します。さらに、体の中の酵素が生産されるのは寝ている時間帯なので、睡眠時間が少ないと体の中の酵素の生成量が少しになってしまうのです。このような生活を頻繁に行っていると、もともとは痩せやすい体質になるにも関わらず、せっかくのカラダの中の酵素が失われて、減量効果が薄くなってしまいます。このように、酵素を摂るだけでは足りないということです。



酵素ダイエットで体重を落とすなら断食を!

酵素を摂取することで減量をしたい人は断食を行うことがおすすめです。酵素ドリンクを飲んで太りにくい体質になっているからといって通常よりもハイカロリーの食事を摂ってしまうと、逆に肥満になります。酵素減量をする場合、2つのやり方があります。それは置き換え減量と断食減量の2種類です。置き換え減量は1日三食の食事の中で1食から2食を酵素ドリンクまたは酵素サプリに置き換えるという方法です。また、一食よりも2食の方が成果が大きいのは当たり前です。置き換えダイエットよりも高い成果を求めるならファスティングダイエットがお勧めです。ファスティングとは「断食」という意味で酵素サプリメントまたは酵素飲料と水分摂取だけで暮らすというものです。成果がもっとも高いのは三日間連続でファスティングダイエットをすることですが、慣れない人にはハードルが高いので、1日からトライしてみるといいでしょう。最初から無茶をして体調を崩すと減量の意味がありません。



間違ったやり方は危険!正しい断食の手段

ファスティングダイエットの正しい方法を紹介します。準備するものは酵素ドリンクです。通常一日に3回から10回程度摂取します。この規定量をしっかりと守らないとダイエット効果が薄いので、ちゃんと量って摂取しましょう。原液で飲むことが可能ですが、それだと飲みにくいと思う方もいます。そのため、水やスパークリングウォーター等で薄めた方が飲みやすいですし、長続きします。ただ、酵素は熱に弱いので、くれぐれも熱いお湯で薄めないようにしましょう。そして、断食減量中は水分を充分に摂取することも大切です。それというのも、酵素の効果をさらに大きくすることになるからです。一日に最低でも2Lを超える水分を摂ることです。さらに、空腹感が我慢できない際には野菜ジュースやフルーツジュースを飲んでもかまいません。ただし、絶対に100%であることおよび無添加であることが最低限の条件です。因みに、二日目以降に好転反応が見られる可能性もあります。身体の中の毒素を排出するときに起こる現象であり、吹き出物ができる、熱が出る、体がだるくなる等の現象が一般的なものですが、体調が悪いわけではありません。



どんなものを食べるべき?ファスティング後の補食レシピ

ファスティング減量を終了した後は補食が重要です。酵素ドリンクの他何も体内に入れていないので、胃や腸が小さくなっている状態です。なので、徐々に食べ物を入れていかないと刺激となりすぎて体調がおかしくなる可能性があるのです。ファスティングが終了してから三日以内にいつもの食事に戻すと身体に悪影響をもたらすからです。ですから、3日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化のいいものを摂るようにしましょう。例えば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープ等です。また、味付けは濃くしないでできる限り薄めにすることも大切です。さらに、化学調味料も胃腸の消化機能に強い打撃を与えるので、この期間はできるだけ回避することです。こうして補食期間が終わった後は、普段の食事に戻してもいいですが、肉類は控えて海藻類、野菜、魚などを多く摂る食事をするとリバウンド対策にもなります。